作・演出 山田裕幸 古市裕貴 山田愛

静岡県藤枝市。蓮華寺池公園のすぐ近くにある白子名店街の中に、劇場をつくることにしました。ずっと東京で芝居をやってきて、まあまあの評価を得て、助成金をもらったり、韓国やフランスでも公演をやったり、そこそこ充実していましたが、ある時思ったんです。「ぼくたちの芝居はいったい誰が見ているんだ?」って。多くの人が暮らす東京の、顔の見えない多くの人に向けた作品作りって、いったい何なんだろうって。ぼくも気が付くと四十代の半ばになっていて、いつまで東京のスピードとサイクルに乗って、顔の見えない人に向けて芝居をやればいいんだろうかって。そんな風に芝居をやることに、いつの間にか、意味を感じなくなっていたんです。演劇はいいですよ。わからないようで、わかるところが。テレビみたいに、テロップが出るわけでもないけれど、演劇を観ていると「感覚でわかる!」ってことが結構あるから。劇場で客席に座っていると、普段は記憶の奥底の眠っている思い出とか、忘れていた情熱とかが、ああそうだなあ、って、感覚としてカラダによみがえることがある。言葉にする前に、共振することがある。ぼくは、そんな演劇の魅力を多くの人に伝えたいと思ったし、できることなら、顔の見える範囲で、しっかり感想も聞いたり、いろんな話しをしながら、芝居とかかわっていきたいと思った。そんな思いから作った劇場が白子ノ劇場です。そして、ここで最初に上演するのが「ひかりのおもさ」という作品です。ご期待ください。

【story】
クリスマスの夜。東京で暮らす一人娘が、彼氏を連れて帰省するという。無関心を装いながらも、心穏やかではいられない父と、わくわくして待つ母の、短くも長い時間が、ろうそくの火とともに過ぎていく・・・ (上演時間は約60分を予定しています)

2018年2月23日(金)24日(土) 夜7時開演



白子ノ劇場(藤枝市本町2-7-5) 駐車場はございません



【予約】 電話 054-625-8885 メール ticketuniquepoint.org (を@に変更してください)
客席数に限りがあるため、ご予約がない場合、ご入場いただけない場合がございます。

【料金】 2000円 (高校生以下は1000円)

【主催】 一般社団法人ユニークポイント